アルバイトが援助交際の引き金になることも・・・

エッチ目的の若い女の子と出会える無料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

SWEET LINE

  • 10代の女性に大人気!
  • エッチに積極的な女性が多い
  • 真面目な清楚系女子に援交サイトとして好まれている

満足度

98

愛カツ

  • セフレ探しとして大人気のサイト
  • 即会い希望女性が多い
  • ちょっと暇つぶしな女性に人気

満足度

96

CANDY

  • 女子学生が多い
  • 恋人募集2:エッチ相手募集8
  • 性に気軽な女性に好まれる

満足度

94

即会い出来る有料タイプの出会い系サイト人気ランキング!

ピュアアイ

  • セックスOKの若い女性に人気!
  • 即会い希望女子多いからアプローチ成功でSEX期待大!
  • すぐに支援できる人は有利
  • 有料ポイント制

満足度

97

PC☆MAX

  • 10代女性に人気が高い
  • 性に寛容な10代多し
  • 大人の魅力をアピールで出会い率アップ!
  • 有料ポイント制

満足度

95

中学生というと、よほどの事情がない限りさすがに問題があるといわなければならないでしょうが、しかし高校生にもなれば、やはりアルバイトをする男女が多くなると思います。もちろん、高校生としてふさわしい内容の仕事であれば、高校生がアルバイトをすることは素晴らしいことだと思いますし、健全な高校生の姿であるという印象もあります。
しかし、アルバイトによってお金を稼ぐことが、思わぬ方向に意識を向かわせてしまうこともありますので、ちょっとそのあたりのことについてお話してみたいと思います。
アルバイトをすれば、今まで親に頼ってお小遣いなどをもらっていたのが、自分で働いて好きなものを買ったり好きなことをしたりできるようになるわけです。
当然、それまでのお小遣いの範囲よりも、もっと自由で大きな金額の何かにお金を使うことができるようになります。それはそれでとてもステキなことだと思います。
しかし、今までお小遣いをもらっていて、かなり小さな範囲でほしい物を買い、大事に大事につかっていたお金が、アルバイトによって大きくなったことで、ついつい買い物をしすぎてしまうことも珍しくないでしょう。これは、お金をつかいなれていない高校生くらいだからこそ起こりやすいことです。
男の子の場合は、ファッションに気をつかう時期であるとは言っても、はっきり言って女の子のそれとはまったくくらべものにならないくらい「安上がり」です。しかし女の子はそうも行きません。
となると、ほしいものをどんどん買ってしまって、お金が足りなくなってもまだ買い足りない・・・という事態は、おそらく多くの女子高生が経験したことがあるのではないでしょうか。そんなときに、ふと思い当たるのが「援助交際」なのです。
手軽にできるアルバイト感覚で、援助交際に手を染めてしまう女子高生が多いのです。そういうケースもある、というお話ではありますが、みなさんも注意してください。

ケータイのネット利用が援助交際を助長する?

インターネットが実にさまざまなシーンで必要不可欠となってきているのは、おそらくみなさんも肌身に感じているものと思いますが、まあ正直なところ、インターネットが私たちや子供たちに与える影響は、決してよいことばかりではありません。中には望まれない事象を助長してしまうようなこともおこります。特に最近叫ばれているのが、「詐欺」です。これは明らかにマイナスの影響を与えています。
インターネットが悪影響を与えるのは、何も詐欺に関することばかりではありません。やはり、青少年の性犯罪を助長するケースが、インターネットの環境が整備されてきてから急増しているといわなければなりません。
ただ、特に中高生ともなると、自分専用のパソコンを持っていないというケースも多く、それほどインターネットの悪影響がその世代の子供たちに及ぶとは思えないような気もしますが、しかし実際のところ、「ケータイ」の所有率はその世代の男女は非常に高まっているということが、実は大きく影響しているのです。
近年は、スマホの広まりによって、女子中高生がスマホを所有することが多くなってきているため、いわゆる出会い系サイトなど、男性との出会いが容易に実現するようになってきているのです。そのため、どうしても、「ちょっとしたお小遣い稼ぎに・・・」という気持ちから、援助交際を考え付いてしまう女の子が少なくないというのが実際のところです。
その意味では、駅で電車を待っている間や、通学の合間に男性と援助交際の約束を交わしているかもしれないわけですから、これはちょっととんでもない時代になってきてしまったといわざるを得ません。
もちろん、スマホやインターネットは有効活用することがきるツールですから、頭ごなしに「ダメ!」とは言えない部分もあり、その意味では思い切った大鉈を振るうことができないというのも、そうした事態を悪化させる要因になっている気がします。

ネット上で援助交際の相手を探すのは愚行

インターネットを利用すれば、一般的にタブーとされるファクターにもどっぷり浸かりこむことができることは間違いありませんが、しかしそこに踏み込んでしまった人の顛末がどんなものになろうとも、これはすべて自己責任であるということは、インターネットを利用する人の暗黙の了解とされます。
たとえば、いわゆる「援助交際」もそのひとつです。援助交際がタブーとされる理由はいろいろありますが、これは要するに「法」に触れることであるという前提なので、はっきり言って理由などどうでもよいことなのです。
たとえば、風俗店に行ったことがあるという男性も少なくないと思いますが、風俗店というのも、当然男性の性的欲求を晴らす場所であるということは言わずもがなでしょう。しかし、性的欲求を晴らす場所であったとしても、そこでセックスをしてもいいということではないのです。これはけっこう多くの男性が誤解している部分でもあります。というよりも、明確に「セックスをすることは違法」なのです。
もちろん、風俗店の種類によっては、セックスをしないというのはあくまでも建前であるというケースもありますが、セックスを行うことはできません。これもあくまでも法的な考え方ですので、理由を聞くこと自体ナンセンスなのです。
ということで、風俗店でさえセックスすることが禁じられているのですから、たとえインターネットの匿名の世界であったとしても、援助交際などしていいわけがありません。何しろ、相手は風俗嬢ではなく、場合によっては未成年の女の子なのですから、もしインターネット上で援助交際の相手を探していることがバレたりすると、これは当然何らかの「ペナルティ」を科せられることになるのです。
しかしそれでも、ネット上で援助交際の相手を探す男性は非常に多いです。おそらく、「自己責任」であるわけですから、責任の所在に関してはちゃんと理解しているのでしょう。それであるにもかかわらず、援助交際の相手をネット上で探すというのは、まさに愚行以外の何物でもありません。

プロフィールサイトと援助交際

援助交際の相手を探すのであれば、はっきり言って、出会い系サイトを利用すればそんなことは簡単にできてしまうというのが実際のところでしょう。もちろん、サイト内でそんなことは禁止されているということくらいだれだって知っていますが、しかし援助交際を目的とした男性も、そしてもちろん女性(女の子)も、そのことを理解していながらも、互いに相手を探そうとしているのです。
しかし、最近では、出会い系サイト以外にも援助交際の相手を見つけることができるようになってきているのです。その方法はとにかくいろいろ考えられますが、中でも有名なのは「前略プロフィール」などに代表される、いわゆる「プロフィールサイト」と呼ばれる媒体です。この手のサイトを男性が利用しているケースはあまり多くありませんが、実際のところ、ほとんどの女子中高生がプロフィールを掲げて、同性、異性の同じくらいの年齢の友達を探そうとしているのです。
自分のページに知らない人からメッセージが送られてきたり、あるいは知らない人にメッセージを送ったりすることができるということで、やはり女子中高生といった好奇心旺盛な年頃の女の子には、プロフィールサイトはかなり魅力的なサイトとなっているようです。
そこまでなら何も問題はないのですが、セックスを目的とした男性がそういったサイトを訪問し、なんとかコンタクトをとろうとするケースも後を絶ちません。中には、いかにもそれを狙ってページをつくっているかのような女の子のプロフィールもちょくちょく目にすることがありますので、これはかなり大きな問題であるといえるはずです。
匿名性が高いサイトなので、そういったサイトの功罪を判断することは非常に難しく、中には援助交際の温床であるとする識者の意見もあるのが実際のところです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ